2010年03月31日

リアルな設備で運転士体験=鉄道博物館に新シミュレーター−さいたま(時事通信)

 JR東日本が運営する「鉄道博物館」(さいたま市)は、列車の運転体験ができる新型シミュレーターを開発し、4月24日から体験教室を始める。これまでの設備より本物に近い上、講師の説明を受けながら操作するため、運転操作の基本を学ぶことができるという。
 博物館に新設するのは、25台のシミュレーター。速度をコントロールする主幹制御器に本物を使ったほか、計器表示や列車自動制御装置(ATC)の感覚なども「限りなく本物に近い」(関根徹館長)。
 体験教室ではJR高崎線の実写映像を見ながら、ブレーキ技術や信号や速度制限があった場合などの細かい操作も体験できる。初級、中級、上級に分かれており、上級に認定されるには、快適な乗り心地だけでなく、経済的な運転も必要になるという。
 利用できるのは小学5年生以上で、入館料とは別に500円が必要。個人客向けには1日4回実施する予定。 

無償化除外を批判した兵庫知事などに脅迫状(産経新聞)
野党が一斉攻勢、小林千代美氏の議員辞職求める(読売新聞)
10年度予算 成立…過去最大92兆円(毎日新聞)
<損賠訴訟>重なる医療ミス認め遺族と和解 三重・産科医院(毎日新聞)
子供の口周りで気になるのは虫歯(産経新聞)
posted by シラカワ アキラ at 00:41| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。